ホームへ 会社情報へ 事業内容へ 資格・許認可へ 採用情報へ 更新履歴へ リンクのページへ サイトマップへ
 
 
トップページへ前のページに戻る
 
 

心停止(心室細動)発症から1分経過するごとに7〜8%づつ救命率が低下するといわれており、少なくとも5分以内それもできるだけ早期の除細動が救命にとって大切といえます。もしも、近くに細動を取り除くことができる装置があれば救命の可能性は飛躍的に向上するでしょう。

バイスタインダー(発見者、傍らにいる人)による一次救命処置で救命率を上げることができます。

 
       
     
 
 
  心肺停止状態の傷病者を救命するためには、「救命の鎖」と呼ばれる下記の手順を実行します。
第一発見者がこの「救命の鎖」のスタートとなります。
心肺蘇生法を理解、習得し、あなたの大切な人の「救命の鎖」を最後までつなぎましょう。
※2004年7月1日、非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の一般使用が解禁されました。
 

 

  1.早期通報  
 

まず意識を確認し、意識がなければ・・・
 →直ちに119番通報しましょう。
 →近くにあるAEDを用意します。

 
 
 
     
  2.早期心肺蘇生  
 
意識がない場合は、気道閉塞、呼吸停止、心停止の疑いがあります。
 →直ちに気道を確保して、呼吸を確認します。
 →呼吸がない場合は、人工呼吸を2回行います。
 →呼吸や咳、身体の動きがない場合は、心停止と判断して直ちに心臓マッサージ30回、呼気吹き込み
 2回行います。
 →以後これらを繰り返す。
 →この間に速やかにAEDを準備しておきます。
 
     
  3.早期除細動  
 
それでも反応がない場合は・・
 →AEDの電源を入れ電極パッドを胸に貼ります。

 →AEDによる自動診断で除細動が必要と判断されると、通電ボタンを押す指示が出ます。

 →傷病者から離れて、通電ボタンを押します。
 →通電後の状態をAEDが自動判断しますので指示に従います。
 
     
  4.早期病院搬送(救急隊への引継ぎ)  

 
 
 
 
 

欧米では、すでに病院、救急車、パトカーはもとより、人がたくさん集まる空港、駅、スポーツ施設、カジノ、ゴルフ場、フェリー、観光施設、商業施設等にAEDの導入が進んでいます。

当社では、BLS(Basic Life Support)3名、ハートセイバーAED 35名が、AHA Japan ITO Training Site(岩手ECCトレーニングサイト)にて各コースを受講して合格しております。

 
 
 

関連リンク

 
 
日本赤十字社 救急手当等についてわかりやすい説明が掲載されています。
NPO法人 AED普及協会 AEDに関するトピックス、設置場所情報が掲載されています。
岩手ECCトレーニングサイト ハートセイバーAED、BLS、ACLSなどのトレーニングコースの紹介などを掲載しています。

 

    

HOME会社情報事業内容資格・許認可採用情報更新履歴リンクサイトマップInformation製品情報
個人情報保護方針HAICS研究会の活動支援|AED|お問合せ(セミナー参加申込み)